2代目ローザ(1973年〜1986年) / 三菱ふそう・ローザマニア

2代目ローザ

2代目ローザ(1973年〜1986年)

2代目ローザ(1973年〜1986年)

1973年4月 - フルモデルチェンジして登場。エンジンは直4 2.7L ディーゼル・80馬力と、直4 2.3L ガソリン・100馬力の2種類。

1973年9月 - 4.0Lの直6 ディーゼル・105馬力を搭載したロング仕様を追加。ローザでは最初で最後の直列6気筒 ディーゼルエンジンを搭載したモデルでもある。

1979年3月 - 初のマイナーチェンジを実施。外観ではフロントグリルと、テールランプを丸型から角型に変更。2.7Lディーゼルは54年排出ガス規制と同時にクーラー搭載車のコンプレッサーの負荷を考慮し、3.3L・95馬力に変更。また全車フロアシフト化。

1983年6月 - ターボ付き3.2L 120馬力ディーゼルを追加設定し、4.0L 6気筒ディーゼルを廃止。

2代目ローザ



Copyright (C) 三菱ふそう・ローザマニア. All Rights Reserved.